「ゴルフを語る」サイトをご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながれば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:米国、イリノイ州にある「TPCディアラン」でジョンディアクラシックが開幕しました。   最終日の結果は通算21アンダーでJ.T.ポストン選手が優勝!       日本の小平智選手は通算10アンダーの30位の成績でした!
CATEGORY

スウィング作り

  • 2020年5月2日
  • 2020年5月11日

ゴルフの「ヒップターンスウィング」で飛ばす

ヒップターンスウィングで飛ばす 「ヒップターンスウィング」は大阪出身のプロゴルフコーチである中井学氏が提唱するゴルフスウィングで、腕を使わず体幹の回転で振るスウィングです。 ボディーターンという言葉もよく耳にする言葉ですが、ボディーターンという言葉は和製英語で、実際にはヒップターンという言葉が腕を使 […]

  • 2020年5月1日
  • 2020年5月11日

ゴルフの「キープレフト理論」で打つためのキーワード

「キープレフト理論」で打つためのキーワード 「キープレフト理論」はアームローテーションを意識しないで打てるシンプルなスウィング方法だと思います。 「キープレフト理論」の説明に出てくる主なキーワードの意味を理解することでスウィングイメージを高める参考になります。 キーワード①:体とクラブの関係性は横 […]

  • 2020年3月22日
  • 2020年6月5日

ゴルフのスウィング作りで体のスウィング軸を感じることが重要

スウィング作りで体のスウィング軸を感じることが重要 ゴルフのスウィング作りをしているあなたは、スウィングの中で体のスウィング軸を感じてボールを打っていますか。 スウィングの中でスウィング軸が安定してくると、スウィングの再現性を高めることができるのは言うまでもありません。 あなたが感じている、スウィン […]

  • 2020年3月18日
  • 2020年6月5日

ゴルフでスウィング中はグリッププレッシャーを変えない事が重要

スウィング中はグリッププレッシャーを変えない事が重要 ゴルフでグリップを握る力(グリッププレッシャー)は「ゆるゆる」が良いと聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。 グリップは、手の中でグリップが緩まない程度にできるだけゆるく握った方が、手首が柔かく使えてヘッドが走る感じがします。 私が参考に […]

  • 2020年2月29日
  • 2020年5月12日

ゴルフのスウィング作りで「キープレフト理論」の良い点を取り入れてみる

スウィング作りで「キープレフト理論」の良い点を取り入れてみる あなたは「キープレフト理論」という理論を聞いたことがありますか。 この理論の気になるポイントや良い点をあなたのスウィング作りに取り入れていますか。 「キープレフト理論」の考案者は和田泰朗氏で、会員数3万8000人の世界ティーチングプロ団体 […]

  • 2020年2月26日
  • 2020年5月12日

ゴルフでトップの間(ま)とグリップの自然落下のイメージを考える

スウィング作りでトップの間(ま)とグリップの自然落下のイメージを考える ゴルフのスウィング作りで、切り返しの間(ま)の取り方とグリップの自然落下のイメージは感覚としてとらえることがむずかしい動作です。 又、切り返しの間(ま)のイメージとグリップの自然落下のイメージを切り離して考えてしまうとさらにむず […]

  • 2020年2月20日
  • 2020年5月12日

スウィング作りでトップからの切り返し時に下半身の沈み込み動作を入れる

切り返し時には両膝を曲げた下半身の沈み込み動作が重要 ゴルフのスウィング作りの肝とも言うべき切り返しですが、切り返しは必ず、下半身主導から行うことが重要です。 この下半身主導のイメージがないとゴルフの上達がむずかしくなります。 バックスウィング後、トップから腰の回転(ヒップターン)で切り返しを行いま […]

  • 2020年2月13日
  • 2020年5月13日

ゴルフでダウン時に左脇を締めることでグリップの浮きを防止する

ダウンスウィング時に左脇を締めてグリップの浮きを防止する ゴルフのダウンスウィングでは両脇を締めろとよく言われます。 これは、バックスウィングで蓄積したパワーを出すためには、体と腕で一体感のあるダウンスウィングを行う必要があるからです。 正しくバックスウィングしたとしても、ダウンスウィングで体と腕の […]

  • 2020年2月12日
  • 2020年5月13日

ゴルフのスウィング作りでスタンスをクローズにする利点

スウィング作りでスタンスをクローズにする利点 最近、バックスウィングが浅くなりスウィング軌道がアウトサイドインとなるためスライスや引っ掛けボールが出て球筋が安定しないと悩んでいませんか。 最近、昔の癖で、バックスウィングが浅くなりスウィング軌道がアウトサイドイン軌道となり、時々、引っ掛けボールが出る […]

  • 2020年2月8日
  • 2020年5月13日

ゴルフのスウィング作りでインパクト後のフォロースルーとフィニッシュ

スウィング作りでインパクト後のフォロースルーとフィニッシュ あなたのスウィング作りでフォロースルーとフィニッシュの形はどのようなイメージですか。 手のローテーションを意識する方のフォロースルーとフィニッシュのイメージはどんなイメージでしょうか。 手のローテーションをあまり意識しない、ボディーターンタ […]