「ゴルフを語る」サイトをご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながればば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:2021-2022年度シリーズ初戦となる「フォーティネットチャンピオンシップ」が米国、カリフォルニア州で開幕しました。  最終日の結果はトータル19アンダーでマックス・ホーマ選手が優勝!        日本の松山英樹選手はトータル13アンダーで6位タイとベスト10入りを果たしています!

ゴルフでバンカーで打つ時には砂の硬さを確認する

バンカーで打つ時には必ず砂の硬さを確認する

バンカーで打つ時にあなたは砂の硬さを必ず確認していますか。

基本的に、バンカーの砂は硬い砂(重い砂)と柔らかい砂(軽い砂)に大別されますが、バンカーの砂の硬さによって、バンカーの打ち方が変わってくるので、砂の硬さを確認することが大切になってきます。

硬い砂(重い砂)の場合、特に砂が乾いてベアーグランドのような最悪の状態では、いつものようにヘッドのフェースを開いて打つことができません。

フェースを開いて打つと、バンスが硬い地面に弾かれトップしてしまいます。

ベアーグランド状態では、通常のハンドファーストに構え、ダブルことなくボールを捕まえる必要があります。

フォローをとらず、打ったらヘッドを地面を掃くようなイメージで止めるようにします。

ベアーグランド状態では、ボールを高く上げることがむずかしいので、打ち出す方向のアゴが高い場合には、低いアゴを見つけて打ち出すことも必要になってきます。

砂が雨で湿って硬い(重い)状態でもヘッドの抵抗が強くなり、バンスが弾かれトップするケースはあります。

先ずは、アドレス時に両足で砂の硬さを必ず確認します。

砂が重くてもバンスが弾かれる状態でなければ、フェースを開き、ボールの手前2~3cmからヘッドのバンスを滑り込ませていきます。

湿ってやや重い砂の方が、ヘッドが滑りボールのコントロールはしやすくなります。

バンカーでは、砂の爆発力を利用してボールを上げる打ち方(ダブル打ち方)なので、バックスウィングが小さいと爆発力が弱くボールがバンカーからでないことがあります。

バックスウィングは大きく取り、ダウンスウィングはゆったり降ろすイメージで、フォローは低く取るようにします。

ダウンスウィングをゆっくり降ろすイメージはインパクトを緩めるという意味ではありません。

インパクトが緩んでもボールは飛んでいきません。

バックスウィングを大きく取り、インパクトを緩めることなく、フォローは低い位置におさめていきます。

フォローをとる時には、体も正面を向くように、左脇を締めヘッドのトウを立てるイメージで低くフォローを出していきます。

バンカーが上手な方のフォローは低くい位置におさめているという特徴があります。

砂が柔らかい(軽い)場合には、フェースを開きボールの手前5cmからバンスを滑り込ませ体を回して、低い位置にフォローをとっていきます。

ヘッドのフェースの開き方は、まず、フェースを開いて位置でグリップを握り直します。

砂が多くて柔らかい場合、フェースを開き過ぎると、だるま落としのように砂の下をフェースがくぐり抜けてしまい、ボールが飛ばないケースがあります。

砂の量が多く柔らかい場合は、フェースの開きを抑え(バンカーのアゴがそれほど高くない場合)ヘッドのエッジから砂に滑りこませ、砂を爆発させて方がボールは出しやすくなります。

この場合には、バックスウィングを大きくとり、砂の手前5cmからヘッドを滑り込ませ、ボールの下の砂をえぐり取る感じてフォローを低く取ります。

フィニッシュでは体の正面が目標を向き、低い位置でヘッドのトウが立つイメージで振り抜いていきます。

まとめ

グリーン周りのバンカーから打つ場合には、必ず、両足で砂の硬さを確認してからフェースの開き具合を決めていきます。

バンカーがベアーグランドのように硬い場合には、通常のハンドファーストに構え、打ったらフォローを取らず、低い位置で止めるイメージで打っていきます。

是非、試してみて下さい。

最新情報をチェックしよう!