「ゴルフを語る」サイトをご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながればば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:2年に1度開催される米国選抜と欧州選抜による「ライダーカップ」が米国、ウィスコンシン州で開幕しました。  最終日は12選手による個人戦が行われ、最終結果はトータ19ポイントを獲得した米国選抜チームが勝利しました!

ゴルフで初ラウンドの初心者が頭に入れておくべきマナーとルール

初ラウンドの初心者が頭に入れておくべきマナーとルール

ゴルフを始めてから練習場で、アプローチからドライバーまで、どうにか打てるようになり、初めてラウンドする場合、守れなければならないマナーとルールを忘れて、ラウンド中にボールを打つことにだけ没頭してはいけません。

ゴルフ場ではあなたのパーティーだけでなく、多くのパーティーが一緒にラウンドしています。

基本的には、①安全確認をしてプレーする、①迅速なプレーをする、②同伴者及び後続のパーティーに迷惑をかけないプレーをする事です。

最低限守らなければならないマナーとルールの具体例をしっかり頭に入れてプレーしなければなりません。

ティーインググランド上でのマナー

① 同伴者が打つ時には静かにする(おしゃべりはしない)

② ティーマーカーよりも前に出ない

③ 打つ順番を把握しておく

④ あなたの打ったボールが隣ホールに飛んでいった場合、大きな声で「ファー」と叫ぶ

 (2打目以降も同様に大きな声で「ファー」と叫ぶ)

2打目以降のフェアウエアでのマナー

① 最低3本のクラブを持つ(カートまで行ったり来たりしない)

② ボールを打つ前に、あなたのボールであることを確認する

③ 打つ場合には、必ず前方に同伴者がいないことを確認する

④ 1ショットは40秒以内で打つ

⑤ あなたの打ったボール地点を必ず確認する

⑥ ボールを打った後、同伴者よりも遅れているようであれば次に打つボールまで

       早足で行く

⑦ もうグリーンにボールが乗るような場合には、クラブと一緒にパターも持つ

グリーン上でのマナー

① グリーンに乗ったあなたのボールをマークする

② グリーンにあなたのボール跡がある場合は、グリーンフォークで芝を直す

③ パターの順番を把握しておく

④ 同伴者のパッティングラインを踏まない

⑤ パターを打つ同伴者の前方や後方には立たない、ある程度の距離をおく

 (晴れの日のあなたの影にも気を付ける)

⑥ グリーン上は走らない

⑦ 同伴者全員のパットが終了したら、すみやかにカートに移動する。

 (スコアーなどをつけてのろのろしてはいけない)

バンカーに入った場合のマナー

① バンカーは低い所から入る

② あなたの足跡とショット跡をレイキで綺麗にする

ラウンドする前に、全てのゴルフルールを頭に入れておくことはむずかしいので、最低限知っていた方が良いルールは頭にいれておくべきです。

初ラウンドで知っておくべき最低限のルール

① 1打目をティーアップして、アドレス時にヘッドがボールに当たり、落ちてしまった

       場合は無罰で再度ティーアップして打つ(打つ意志がなくクラブがボールに当たって

       落ちた場合はストロークにカウントされない)

② ティーショットがOBとなった場合、ローカルルールとして前進4打目を適応する

③ スタンスがティー区域からはみ出ていても無罰

     (ボールがティー区域以内であれば良い)

④ 空振りしてティーからボールが落ちた場合、空振りは打つ意志があるので

       2打目は再度ィーアップして打つか、そのまま打つか選択できる

⑤ グリーン上で、パッティングライン上の枯れ葉、小石などは取り除くことも

       スパイク跡をすことも可能

⑥ グリーン上でうっかりマークせず、ボールを拾い上げると1打罰

⑦ カート道路、サブグリーン、修理地の救済方法(無罰)

      (アドレスで足がグリーンに入った場合も同様に無罰で救済)

  ニアレスポイントを決め、1クラブレングス(ドライバーがベスト)以内に

  膝上からボールをドロップする

  ニアレスポイントの定義:(a)ボールに最も近い地点、(b)ボールのある位置

  よりピンにかない地点、(c)障害を避けてストロークできる地点

ラウンド経験が増えるごとにゴルフのルールにも詳しくなっていきます。

ラウンドした時、疑問に思ったことはラウンド後、必ずルールブックで確認してみてください。

ゴルフでルールを知ることは迅速にプレイすることにも、又、同伴者に迷惑を掛けないことにもつながります。

競技会などに参加する場合には、ルールの詳細を知る知らないでは、ストロークが大きく変わってくるので、あたなのスコアーにとっては非常に重要な知識となります。

まとめ

ゴルフの初ラウンドは、ボールを打つことに没頭しがちですが、守らなければならない最低限のマナーとルールを頭にいれてプレイを楽しんでください。

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!