「ゴルフを語る」サイトをご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながればば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:2021-2022年度シリーズ初戦となる「フォーティネットチャンピオンシップ」が米国、カリフォルニア州で開幕しました。  最終日の結果はトータル19アンダーでマックス・ホーマ選手が優勝!        日本の松山英樹選手はトータル13アンダーで6位タイとベスト10入りを果たしています!

ゴルフでパットの引っ掛けと押し出しの要因と修正方法

パットの引っ掛けと押し出しの要因と修正方法

ゴルフでパット数を減らすことがスコアーを縮める一番の近道です。

ゴルフのスコアーを縮めるカギはパット数!」⇐こちらの記事も参考になると思いますので、併せてご覧ください。

3パットを打たないためにも、パットでは距離感が一番大事であることは言うまでもありません。

プロの選手から学ぶ絶対に3パットしない打ち方とは!」⇐こちらの記事も参考になると思いますので、併せてご覧ください。

もう一点は1~2m以内のパットを高い確率で沈める事です。

しかし、この1~2m以内のパットは、沈めようとして力むと、引っ掛けや押し出したりするミスになってしまいます。

よくある引っ掛けの要因は、①右肩が被る、②ヘッド軌道がアウトサイドインになっている、③手の使い過ぎです。

よくある押し出しの要因は、①ヘッド軌道がインサイドアウトになっているです。

パットの場合、ボールが転がる方向は、ボールが当たるフェース面の角度に100%依存しますので、アドレスでフェースをしっかり目標方向に合わせることが非常に重要となります。

引っ掛けや押し出しは、このフェース面の角度が変わることによって起こります。

フェース面の角度が左にズレれれば引っ掛けで、右にズレれれば押し出しということになります。

他にフェース角度が変わる要因は、フェースとボールが接触する打点の位置です。

打点の位置が狂うと、インパクトの衝撃でフェース面の向きが変わります。

フェースの芯(スイートスポット)よりもトウ寄りにボールが当たると、インパクトの衝撃でフェース面が開き押し出しボールとなってしまいます。

逆に、ボールがヒール寄りに当たった場合は、フェース面が閉じ引っ掛けボールとなってしまいます。

フェースとボールが接触する打点の位置による、引っ掛けや押し出しのミスは意外と多いと思います。

修正方法としては、いつもフェースの芯(スイートスポット)でボールを捕らえることですが、練習方法として、右手1本で1~2mの練習をすることです。

その時、ヘッドのトウ側とヒール側にティーを刺し、常にフェースの芯でボールを捕らえる練習をすることで、フェースが芯を捕らえる感覚とフェースを真っすぐ押し出す感覚をやしなうことができます。

タイガー・ウッズ選手のパター練習風景の動画です。

タイガー・ウッズ選手の練習では、右手の一本で打つ練習と、ヘッドのトウ側とヒール側にティーを刺してフェースの芯にボールをコンタクトする練習をしています。

右手一本練習のポイント

1.パターを軽く握る。

2. スウィングでヘッドの重さを感じる。

3.ハンドファーストのイメージで手を先行させて打つ。

まとめ

短い距離のパットを引っ掛けたり押し出したりする要因は、フェース面の角度のズレとフェース面とボールが接触する打点の位置のズレです。

パットの場合、ボールが転がる方向は、ボールが当たるフェース面の角度に100%依存しますので、アドレスでフェースをしっかり目標方向に合わせることが非常に重要となります。

常にフェースの芯を捕らえてボールを打つ練習として、ヘッドのトウ側とヒール側にティーを刺す方法は、簡単でフェースの芯で打つ感覚が身に付きます。

是非、試してみてください。

 

最新情報をチェックしよう!