「ゴルフを語る」サイトをご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながればば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:2年に1度開催される米国選抜と欧州選抜による「ライダーカップ」が米国、ウィスコンシン州で開幕しました。  最終日は12選手による個人戦が行われ、最終結果はトータ19ポイントを獲得した米国選抜チームが勝利しました!

ゴルフでコースマネージメントを考えれば100は簡単に切れる

ゴルフでコースマネージメントを考えれば100は簡単に切れる

もし、あなたが本当に100のスコアーを切りたいと思うならば、コースマネージメントを考えることで100は簡単に切れるはずです。

パー72のゴルフコースで100を切るためには、27オーバー以内で18ホールをラウンドしなければなりません。

ダボペースで18ホールをラウンドするとスコアーは108で100を切ることができません。

9ホールはボギーでラウンドする必要があります。

ボギーでラウンドできる可能性の高いホールはパー5とパー3です。

18ホール中、パー5のホールが4つ、パー3のホールが4つで計8つのホールを少なくともボギーで切り抜ける必要があります。

これでちょうど100になります。パー4のホールを1つでもボギーで回れば100を切れる計算になります。

以上がスコアーの組み立て方です。

それでは、実際のコースマネージメントを考えてみましょう。

スコアー100以上の方が、トリプル以上叩いてしまうケースは、①OB、②池ポチャ、③林に入れてうまく脱出できなかった、③バンカーで2度以上打ってしまった、④グリーンで3パット以上打ってしまった、その他⑤ダフリ、トップ、シャンクの連発です。

以上のケースを最小限に抑えるコースマネージメントを考えることでスコアーを整えることができるはずです。

OBを減らすには

OBホールを減らすには、各ホールのピンまでの距離を頭に入れ、400ヤード以上のパー4のホールでは4オン、2パットを目標にすることです。(ダボ)

350ヤード前後のパー4のホールでは3オン、2パットを目標にすることです。(ボギー)

400以上の長いパー4のホールは4オンすれば良いので、ティーショットにドライバーを使う必要はありません。

極論を言えば、あなたの好きなピッチングアイアンが100ヤード飛ぶのであれば、ピッチングアイアンで4回打てば4オンが可能です。

350ヤード前後のパー4のホールでも同じことが言えます。

ティーショットを打つフェアウエアが比較的狭かったり、左右に池があったりした状況では、ドライバーを使う必要はありません。

ティーショットは、あなたの得意なユーティリティーで150~200ヤード飛ばせば、十分3オンはできます。

ゴルフの楽しみの1つにドライバーを遠くに飛ばすことがありますが、ゴルフの楽しみはただ飛ばすことだけではありません。

あたなが想定した所に、計算通りにボールを運ぶことの楽しみもあります。

100を切りたいと考えるならば、まず、ティーショットでボールをどこに打っていけば、次の2打が打ちやすいか、そして、第3打目又は、第4打目でグリーンに乗せることを考えます。

このコースマネージメントをすることで、ティーショットのOB回数を必ず減らすことができます。

パー4のホールでティーショットがうまくいき、フェアウエアをとらえたとしても、2打目でピンを狙ってはいけません。

バンカーなどの障害物がないグリーン手前の花道を狙っていきます。

3打目、4打目でグリーンに乗せ、2パットで収めるゴルフに徹してください。

第2打目がフェアウエアから打てたとしても、ピンを直接狙わず、第3打目、第4打目でグリーンに乗せるマネージメントをしていれば、2打目以降にOBを打つ確率はかなり下がります。

2打目に不得意な大きなクラブで打ってはいけません。

できるだけ得意なクラブで3打目、4打目でグリーンに確実に乗せるコースマネージメントを取ることです。

林からの脱出

林からの脱出は、まず、低いボールでフェアウエアに出せるかを考えます。

練習場で低いボールを打つ練習をすることです。

7番アイアンよりロフト角が少ないアイアン又は、ユーティリティーで低いボールを打つ練習をしておきます。

林からの脱出時に力が入り、ダフってしまうことはNGです。

ボールの赤道より下にヘッドが当たればボールはロフト角に応じて飛んでいきます。

仮にトップしてもダフるよりは距離をかせぐことができます。

ダフることを怖がってクラブを振ると体が起き上がってボールの頭を叩くチョロになってしまうので、テークバックを小さくし、振り抜いてください。

この時、大きなフォローを取る必要はありません。

ティーショットでOBを避けるコースマネージメントができていれば、林に打ち込む確率はかなり下がるはずです。

バンカーは避ける

フェアウエアバンカーとグリーン周りのガードバンカーは極力避けるにようボールの目標方向を決めます。

フェアウエアバンカーに入れたとしても、フェアウエアバンカーのアゴはそれほど高くないところが多いので、アゴが高くない場合は、ヘッドのソール幅が広いユーティリティーなどを使った方がアイアンよりは楽に出せます。

ソール幅の広いクラブを滑らせるイメージで、テークバックを小さくし、低く振っていきます。

グリーン周りのアプローチ(40ヤード以上)ではピンを直接狙わず、常にグリーン中央を狙っていきます。

特に、ピンが端に切ってある場合、直接ピンを狙ってグリーンをはずし、さらにバンカーでも入ったら大たたきする原因となってしまいます。

グリーン周りからのアプローチは、ピンを直接狙わず、全てグリーンの中央を狙います。

グリーン周りのアプローチ(10~30ヤード)では、ボールを転がすランニングアプローチを多用します。

お勧めクラブはピッチングアイアンか9番アイアンです。

グリーン周りからのアプローチ(10~30ヤード)では、ボールを落とす所を必ず決めてから打っていきます。

3パットを少なくする

コースに出る前にパターの練習グリーンで、必ず、5m、10m、15m、の距離を打つ時のパターの振り幅の目安を作っておきます。

グリーン上で下りのラインが残ってしまった場合には、2打目のパターが必ず、上りラインになるように考えて打ちます。

まとめ

ゴルフで100を切るには、始めにスコアーの組み立て方を頭にいれます。

次にティーショットや2打目でOBを打たないコースマネージメントを考えます。

グリーン周りからアプローチ(40ヤード以上)ショットは直接ピンを狙わず、グリーン中央を狙っていきます。

10~30ヤードのアプローチでは、ピッチングアイアンや9番アイアンを使ってランニングアプローチで攻めていきます。

100を切るためのコースマネージメントに徹することで18ホールの流れを良くすることができます。

今日は良い流れだからと思い、2打目を長いクラブでピンを狙っていくと流れが崩れ、大たたきをする原因となります。

100切りのコースマネージメントに徹することで、18ホールのプレーの流れが良くなります。

プレイの流れが良くなると、スコアーの組み立てが易しくなってきます。

ゴルフの技量と経験が増すにともない、90台、80台、70台がすぐそこに見えてくるはずです。

頑張ってください。

最新情報をチェックしよう!