「ゴルフを語る」サイトをご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながればば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:2021-2022年度シリーズ初戦となる「フォーティネットチャンピオンシップ」が米国、カリフォルニア州で開幕しました。  最終日の結果はトータル19アンダーでマックス・ホーマ選手が優勝!        日本の松山英樹選手はトータル13アンダーで6位タイとベスト10入りを果たしています!

ゴルフでドライバーをアッパーブローで打つためのスウィングイメージ

ドライバーをアッパーブローで打つためのスウィングイメージ

男子のプロ選手の中でもヘッドスピードが50m/s以上と速い選手にとっては、ドライバーをアッパーブローで振っていくと右へのプッシュアウトやチーピンが出やすくなると言う理由で、ドライバーをダウンブローに振っていく選手はいます。

確かに、ドライバーを含め、全てのクラブをダウンブローで打てる方がスウィングの再現性やボールの方向性を安定させることができるとは思いますが、プロ選手に比べ、ヘッドスピードが遅い我々アマチュアにとっては、ドライバーはアッパーブローでボールを捕らえる方が、ボールの飛距離や方向性を得ることができます。

アイアンのダウンブローの打ち方では、ヘッドの最下点はボールの先方(左側)でしたが、ドライバーでアッパーブローにボールを捕らえるためには、ヘッドの最下点はボールの手前(右側)になります。

ドライバーはティーアップして打つので、アッパーブローのイメージがわきます。

ドライバーをアッパーブローに打つためには、アドレスとボールの位置が重要になってきます。

ボールの位置は左踵の延長線上又は、左脇の下にセットします。(自分に合ったボール位置)

グリップを左腿の付け根に構えた時、アイアンのようにハンドファースト(グリップがボールより左側)の構えではなく、若干ハンドレート(グリップがボールの右側)又は、ボールとシャフトが一直線になります。

そして、右肩が左肩より下がったアドレスになります。

このように、ドライバーでは、アッパーブローが打ちやすいアドレスをとることが重要になってきます。

ボールの位置やティーの高さは自分にあった位置と高さを練習で見つけて下さい。

スウィングイメージとして、アドレスからインパクトまで、頭をボールの後方(右足側)に維持しながら振り抜くスウィングイメージが非常に重要になってきます。(ビハインドザボール)

ドライバーショットは練習場でもゴルフコースでもティーアップして打つため、常に同じ条件で打てるにも関わらず、多くの方がドライバーを苦手としている理由はシャフトの長さにあります。

ドライバーはゴルフクラブの中でシャフトが一番長いクラブになるため、振り遅れがちになり、初級者レベルではスライスボールとなってしまいます。

ゴルフでドライバーのスライスの原因と修正方法」⇐こちらの記事も参考になると思いますので、併せてご覧下さい。

ドライバーで飛ばそうと力むと、右肩が前にでたり、体が伸び上がったり、グリップが浮いたりしてボールの方向は安定しません。

ビハインドザボールを意識し、体のスウィング軸、前傾姿勢を崩さず、左に大きく振り抜いていきます。

ゴルフでダウン時に左脇を締めることでグリップの浮きを防止する」⇐こちらの記事も参考になると思いますので、併せてご覧下さい。

まとめ

ドライバーでアッパーブローに振り抜いていくためには、アドレスとビハインドザボールの意識が重要です。

是非、試してみて下さい。

 

最新情報をチェックしよう!