「ゴルフを語る」サイトをご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながればば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:2021-2022年度シリーズ初戦となる「フォーティネットチャンピオンシップ」が米国、カリフォルニア州で開幕しました。  最終日の結果はトータル19アンダーでマックス・ホーマ選手が優勝!        日本の松山英樹選手はトータル13アンダーで6位タイとベスト10入りを果たしています!

ゴルフで低いボールの打ち方と活用状況

低いボールの打ち方と活用状況

ゴルフのラウンドで低いボールを打つことが要求される状況は結構あります。

低いボールが打てるとコースマネージメントの幅が広がり、特に風の強い日などでスコアーを安定させることができます。

林に打ち込んで低いボールで脱出する時や、前方に木がある場合、高いボールで木を越してせめるよりは、木の横を低いボールで攻めていく方が易しく打て、高いボールよりはリスクを軽減できます。

風が強いアゲンストの状況でティーショットしなければならない時もドライバーで低いボールが打てるとコースマネージメントは易しくなります。

アイアンで低いボールを打つ場合の準備として、①ボールの位置を1個分右側に寄せる、②左足体重にする、③スタンス幅を狭くし、スウィングはコンパクト(振り幅を小さくする)にする、④フォローは低く押し出して止める、⑤グリップを短めに持つです。

ボール位置を右にボール1個分寄せると、フェースが立ってきます。

スウィングをコンパクトに振るため(振り幅は小さくする)、アドレスではスタンス幅は狭くし、左足体重にし、目線を低い所に合わせます。

バックスウィングは大きくとらず(ハーフスウィングかスリークウォーターで十分)、ダウンスウィングではシャロー(緩やかな入射角)にボールを捕らえるイメージです。

その時、右手の角度を維持した状態でボールを捕らえます。

フォローは、腰をしっかり回し、低く長いフォローをとって終わりです。(左足下がりの傾斜で取るフォローに似ています)

まずは、アプローチで低いボールを打つ練習から始めるとイメージと感覚がつかめます。

アプローチで低いボールを打つ場合は、スタンス幅を更に狭くし、左足体重にし、目線をボールの落としどころに合わせます。ボール位置は右足前位になります。

低いボールを打つアプローチでは、テークバックでコックを使い、ボールの上からヘッドを落とすイメージで、その時、右手の角度を維持した状態でボールを捕らえ、低い位置に押して行くイメージです。

短いアプローチでも、ダウンスウィングで腰をしっかり左に回しながら、グリップ(右手の角度を維持しながら又は、左手の甲を目標方向に押していくイメージ)を低い位置におさめていきます。

手先だけでボールを捕らえようとしてはいけません。

アプローチで低いボールを打つイメージと感覚がつかめたら、今度はショートアイアン、ミドルアインで試してみてください。

ドライバーで低いボールを打つ場合は、ティーの高さを低くし、通常より、スタンス幅を狭くし、目線を低い位置に合わせアドレスをとります。

ティーの高さを低くしてレベルブロー(水平打ち)のイメージで振っていきます。

ティーの高さを低くすると、どうしてもダウンブローでボールを捕らえがちになったり、トップやダフリがでる方は、ティーを高くして、レベルブローに打ってください。

ボールを打った後、ティーが地面に刺さっているイメージでヘッドをレベルブローに振っていきます。

まとめ

コースで低いボールが打てると、コースマネージメントの幅が広がります。

特に風の強い日にプレイする場合には、スコアーを安定させることができます。

低いボールは曲がり幅も小さいため、フェアウェイが狭い時などにも有効です。

又、林などに打ち込んでしまった場合、トラブル状況から回避する手段として日頃から低いボールを打つ練習をしておく必要があります。

低いボールを打つ練習では、自分に合ったボールの位置(どのくらい右側に寄せて打つことができるか)や左足体重の度合いをみつけていきます。

ドライバーでは、風の強いアゲンスト状況を頭に入れ、自分に合ったティーの高さとレベルブロー(水平打ち)の打ち方を練習してみてください。

低いボールが打てるようになると、コースでのプレイがさらに楽しくなるはずです。

是非、試してみてください。

最新情報をチェックしよう!