「ゴルフを語る」をご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながれば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:米国、ミシシッピ州にあるカントリークラブ・オブ・ジャクソンで「サンダーソンファーマーズチャンピオンシップ」が開幕しました。       2日目の結果は通算10アンダーでトーマス・デトリー選手、マッケンジー・ヒューズ選手が首位タイ!  

PGAツアー:2022年アーノルド・パーマーインビテーショナル開幕ー3日目と最終結果

アーノルド・パーマー・インビテーショナルー3日目と最終結果

開催期間2022年3月3日(木)~6日(日)
開催地米国、フロリダ州
開催コースベイヒルクラブ&ロッジ、全長7,466ヤード、パー72

3日目の結果

3日目首位に立ったのは、トータル7アンダーのビリー・ホーシェル選手、テイラー・グーチ選手の2名、単独3位は首位と1打差でビクター・ホブランド選手、単独4位は首位と2打差でスコッティー・シェフラー選手、単独5位は首位と3打差でゲーリー・ウッドランド選手が続いています。

日本の松山英樹選手はトータル5オーバーの58位タイとなっています。

松山選手の爆発に期待したのですが、さすがに難コースだけあって各選手スコアーを上げることができません。

初日首位に立ったローリー・マキロイ選手も、スコアーを4つ落とし順位を下げています。

明日、最終日は誰がこの難コースを制するのか非常に楽しみになってきました。

順 位選手名スコアー
1Tビリー・ホーシェル-7
1Tテイラー・グーチ-7
3ビクター・ホブランド-6
4スコッティー・シェフラー-5
5ゲーリー・ウッドランド-4
6Tクリス・カーク-3
6Tグラエム・マグドウエル-3
6Tローリー・マキロイ-3
9Tコーリー・コナーズ-2
9Tマット・フィッツパトリック-2
9Tラッセル・ヘンリー-2
12Tニック・ワトニー-1
12Tウィル・ザラトレス-1
12Tイム・ソンジェ-1
12Tチャールズ・ハウエルⅢ-1
12Tタイレル・ハットン-1
17Tクリスティアン・ベゾイデンハウトE
17Tトム・ホージE
17Tキーガン・ブラットリーE
17Tマックス・ホーマーE
17Tジョン・ラームE
17Tアーロン・ワイズE
17Tサム・バーンズE
17Tマーティン・レアードE
17Tボー・ホスラーE
26Tトミー・フリートウッド+1
26Tセバスチャン・ムニョス+1
26Tトロイ・メリット+1
26Tテイラー・ペンリス+1
26TJ.J.スポーン+1
26Tキャメロン・ヤング+1
26Tパットン・ギジーア+1

最終結果

各選手が苦しむ難コースを制したのはスコッティー・シェフラー選手で、トータル5アンダーで優勝しました。

2位タイは1打差でタイリル・ハットン選手、ビクター・ホブランド選手、ビリー・ホーシェル選手の3名、5位タイがゲーリー・ウッドランド選手とクリス・カーク選手でした。

日本の松山英樹選手は、最終日スコアーを2つ伸ばしトータル3オーバーの20位タイの成績でした。

順 位選手名スコアー
1スコッティー・シェフラー-5
2Tタイリル・ハットン-4
2Tビクター・ホブランド-4
2Tビリー・ホーシェル-4
5Tゲーリー・ウッドランド-3
5Tクリス・カーク-3
7Tルーカス・ハーバード-2
7Tテイラー・グーチ-2
9Tサム・バーンズ-1
9Tマット・フィッツパトリック-1
11Tキーガン・ブラットリーE
11Tコーリー・コナーズE
13Tキャメロン・ヤング+1
13Tラッセル・ヘンリー+1
13Tグラエム・マグドウエル+1
13Tローリー・マキロイ+1
17Tジョン・ラーム+2
17Tアーロン・ワイズ+2
17Tマックス・ホーマー+2
20T松山英樹+3
20Tボー・ホスラー+3
20Tトミー・フリートウッド+3
20Tクリスティアン・ベゾイデンハウト+3
20Tイム・ソンジェ+3
20Tニック・ワトニー+3
26Tデビット・リプスキー+4
26Tブレンダン・スチール+4
26Tアダム・スコット+4
26Tキム・シウ+4
26Tジェイソン・コクラック+4
26Tセバスチャン・ムニョス+4

まとめ

スコッティー・シェフラー選手がトータル5アンダーで優勝を飾った「アーノルド・パーマーインビテーショナル」でした。

最終日はアンダーパーでラウンドする選手が数名で、パーを拾っていく、まさに我慢大会となりました。

上位陣の順位も次々と入れ替わるシーソーゲームとなり見ていて非常に楽しい大会でした。

日本の松山英樹選手は最終日、難コースの中スコアーを2つ上げ20位タイまで順位を上げました。

マスターズチャンピオンの実力を見せ、ずるずると崩れず辛抱強くスコアーをまとめてくれました。流石です!

松山選手の次回のプレイが楽しみです。

今大会優勝候補筆頭のローリー・マキロイ選手も決勝ラウンドで崩れ、トータル1オーバーで13位タイの成績でした。

パワーランキング2位のジョン・ラーム選手は4日目間爆発することなくプレイを終了した感があり、トータル2オーバーで17位タイの成績でした。

毎年のことながら、いかにこのコース(ベイヒルクラブ&ロッジ)が難しいかがよく分かります。

今週はPGAツアーの5番目のメジャー大会と言われる「ザ・プレイヤーズチャンピオンシップ」が米国、フロリダ州にあるTPCソーグラスで開幕します。

日本の松山英樹選手も出場するので、松山選手の活躍に期待したいと思います。

最新情報をチェックしよう!