「ゴルフを語る」サイトをご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながればば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:2021-2022年度シリーズ初戦となる「フォーティネットチャンピオンシップ」が米国、カリフォルニア州で開幕しました。  最終日の結果はトータル19アンダーでマックス・ホーマ選手が優勝!        日本の松山英樹選手はトータル13アンダーで6位タイとベスト10入りを果たしています!

PGAツアー:2021年度AT&Tバイロンネルソン開幕ー初日と2日目の結果ー

AT&Tバイロンネルソン開幕ー初日と2日目の結果ー

開催期間2021年5月13日(木)~16日(日)
開催地米国、テキサス州
開催コースTPCクレイグランチ、全長7,438ヤード、パー72

米国、テキサス州にあるTPCグレイグランチで「AT&T バイロンネルソン」が開幕しました。

優勝候補筆頭は世界ランク3位のジョン・ラーム選手、2位がジョーダン・スピース選手、3位がマーク・レイシュマン選手、4位がブライソン・ディシャンボー選手となっています。

マスターズ優勝後、初のプレイとなる松山英樹選手はパワーランキングで15位となっています。

日本人は松山英樹選手と小平智選手が出場しています。

小平選手は先週の「ウエレズファーゴチャンピオンシップ」で見事な活躍を見せ、11位タイの成績を挙げ調子が上がっています。

松山選手がマスターズ優勝後、どのようなプレイを見せてくれるか非常に楽しみです。

2人の活躍に大いに期待したいと思います。

初日の結果

初日首位に立ったのは、トータル9アンダーでJ.J.スポーン選手とジョーダン・スピース選手、3位タイが首位と1打差でラファ・カブレラ・ベロ選手、アーロン・ワイズ選手、ドク・レッドマン選手、ジョゼフ・ブラムレット選手の4名、7位タイが首位と2打差でチャール・シュワーシェル選手、セルヒオ・ガルシア選手、サム・バーンズ選手を含めて12名の選手が続いています。

今大会優勝候補筆頭の世界ランク3位のジョン・ラーム選手はトータル4アンダーで54位タイ、ブライソン・ディシャンボー選手はトータルトータル3アンダーで77位タイとなっています。

日本の松山英樹選手はトータル4アンダーで54位タイ、小平智選手はトータルー5アンダーで34位タイとなっています。

先週行われた「ウエレズファーゴチャンピオンシップ」で11位タイの成績を挙げた小平智選手の調子が良さそうです。

順 位選手名スコアー
1TJ.J.スポーン-9
1Tジョーダン・スピース-9
3Tラファ・カブレラ・ベロ-8
3Tアーロン・ワイズ-8
3Tドク・レッドマン-8
3Tジョゼフ・ブラムレット-8
7Tベン・マーチン-7
7Tシームス・パワー-7
7Tセルヒオ・ガルシア-7
7Tチャール・シュワーシェル-7
7Tルーク・ドナルド-7
7Tサム・バーンズ-7
7Tマーク・ハバード-7
7Tジョナサン・ベガス-7
7Tアレックス・ノーレン-7
7Tイ・キョンフン-7
7Tチャールス・ハウエルⅢ-7
7Tマイケル・グリジック-7
19Tマーク・レイシュマン-6
19Tセバスチャン・ムニョス-6
19Tブラント・スネデカー-6
19Tパドレイグ・ハリントン-6
19Tアダム・シェンク-6
19Tロジャー・スローン-6
19Tヨナス・ブリクスト-6
19Tボー・ホーグ-6
19Tスコット・ブラウン-6
19Tウィンダム・クラーク-6
19Tキム・シウ-6
19Tテッド・ポッターJr.-6
19Tレイン・ギブソン-6
19Tクリス・ベンチュラ-6
19Tダイヤン・メイヤー-6

2日目の結果

2日目首位に立ったのは、トータル17アンダーのサム・バーンズ選手、単独2位は首位と2打差でアレックス・ノーレン選手、単独3位は首位と3打差で韓国のイ・キョンフン選手、単独4位が首位と4打差でドク・レッドマン選手、単独5位が首位と5打差でJ.J.スポーン選手が続いています。

優勝候補筆頭のジョン・ラーム選手はトータル7アンダーでブライソン・ディシャンボー選手と共に40位タイ、ジョーダン・スピース選手はトータル11アンダー6位タイとなっています。

日本の松山英樹選手と小平智選手は共にトータル6アンダーの53位タイで予選を通過しています。

予選カットラインがトータル6アンダーとなり、ブルックス・ケプカ選手、セルヒオ・ガルシア選手、リッキー・ファウラー選手等は予選を通過することができませんでした。

順 位選手名スコアー
1サム・バーンズ-17
2アレックス・ノーレン-15
3イ・キョンフン-14
4ドク・レッドマン-13
5J.J.スポーン-12
6Tジョーダン・スピース-11
6Tマット・クーチャー-11
6Tパットン・キザイアー-11
6Tシームス・パワー-11
6Tチャール・シュワーシェル-11
6Tカルロス・オーティス-11
12Tウィンダム・クラーク-10
12Tテッド・ポッターJr.-10
12Tジョゼフ・プラムレット-10
12Tビンセント・ホーレイ-10
12Tベン・マーチン-10
12Tセバスチャン・ムニョス-10
12Tブラント・スネデカー-10
12Tブロンソン・バーグーン-10
12Tハンク・レベオダ-10
12Tロジャー・スローン-10
予選カットラインがトータル6アンダーとなり、松山英樹選手と小平智選手がそろって予選を通過することができ決勝ラウンドに進むことができました。
ブルックス・ケプカ選手、セルヒオ・ガルシア選手、リッキー・ファウラー選手等が予選を通過できず残念です。
特に、マスターズの出場権も手にすることができなかったリッキー・ファウラー選手の復活に期待したいと思います。
明日からの決勝ラウンドで松山英樹選手と小平智選手の活躍に期待したいと思います。
最新情報をチェックしよう!