「ゴルフを語る」サイトをご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながれば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:米国、イリノイ州にある「TPCディアラン」でジョンディアクラシックが開幕しました。   最終日の結果は通算21アンダーでJ.T.ポストン選手が優勝!       日本の小平智選手は通算10アンダーの30位の成績でした!

PGAツアー:2022年AT&Tバイロン・ネルソン開幕-3日目と最終結果

AT&Tバイロン・ネルソンー3日目と最終結果

開催期間2022年5月12日(木)~15日(日)
開催地米国、テキサス州
開催コースTPCクレイグランチ、全長7,468ヤード、パー72

3日目の結果

3日目首位に立ったのは、トータル21アンダーのセバスチャン・ムニョス選手、単独2位は首位と1打差でジョーダン・スピース選手、単独3位が首位と2打差でホアキン・ニーマン選手、4位タイが首位と3打差でジェームス・ハーン選手、ジャスティン・トーマス選手の2名が続いています。

日本の松山英樹選手はスコアーを3つ伸ばしましたが、上位がスコアーを大幅に伸ばした為、トータル14アンダーで18位タイとなっています。

3日目はジェームス・ハーン選手が「61」のラウンドでスコアーを大幅に伸ばし、4位タイに順位を上げています。

ジョーダン・スピース選手とジャスティン・トーマス選手もスコアーを8つ伸ばし、明日の最終日の優勝に絡んできました。

今大会優勝候補筆頭の世界ランク1位のスコッティー・シェフラー選手もスコアーを7つ伸ばし、首位と5打差のトータル16アンダーで明日の最終日に逆転優勝を狙える位置につけています。

明日もバーディー合戦となり、混戦となりそうです。

松山英樹選手の大爆発を期待したいと思います。

順 位選手名スコアー
1セバスチャン・ムニョス-21
2ジョーダン・スピース-20
3ホアキン・ニーマン-19
4Tジェームス・ハーン-18
4Tジャスティン・トーマス-18
6Tイ・キョンフン-17
6Tチャール・シュワーシェル-17
6Tライアン・パーマー-17
9Tデイビス・ライリー-16
9Tスコッティー・シェフラー-16
9Tボー・ホスラー-16
12Tクリスチャン・ベゾイデンハウト-15
12Tステファン・ジェイガー-15
12Tデビット・リプスキー-15
12Tピーター・マルナティ-15
12Tマーベリック・マクニーリー-15
12Tジェイソン・コクラック-15
18TJ.J.スポーン-14
18T松山英樹-14
18Tシームス・パワー-14
21Tキム・ジュヒョン-13
21Tダスティン・ジョンソン-13
21Tトレイ・マリナクス-13
21Tオースティン・スマザーマン-13
21Tテイラー・ムーア-13
21Tトム・ホージ-13
21Tカルロス・オーティス-13
21Tミト・ペレイラ-13
21Tデビット・スキンズ-13

最終結果

最終日は、韓国のイ・キョンフン選手がトータル26アンダーで優勝、大会2連覇を達成しました。

単独2位は1位と1打差でジョーダン・スピース選手、3位タイは日本の松山英樹選手、セバスチャン・ムニョス選手、5位タイはザンダー・シャウフェレ選手、ライアン・パーマー選手、ジャスティン・トーマス選手でした。

順 位選手名スコアー
1イ・キョンフン-26
2ジョーダン・スピース-25
3T松山英樹選手-24
3Tセバスチャン・ムニョス-24
5Tザンダー・シャウフェレ-23
5Tライアン・パーマー-23
5Tジャスティン・トーマス-23
8チャール・シュワーシェル-22
9Tピーター・マルナティ-21
9Tデイビス・ライリー-21
9Tジェームス・ハーン-21
12Tアレックス・ノーレン-20
12Tマット・クーチャー-20
12Tクリスチャン・ベゾイデンハウト-20
15Tブライス・ガーネット-19
15Tスコッティー・シェフラー-19
17Tネイト・ラシュリー-18
17Tフランチェスコ・モリナリ-18
17Tミト・ペレイラ-18
17Tトム・ホージ-18
17Tシームス・パワー-18
17Tキム・ジュヒョン-18
17Tジェイソン・コクラック-18
17Tボー・ホスラー-18
25Tスコット・スターリングス-17
25Tロリー・サバティーニ-17
25Tビンセント・ウィアリー-17
25Tマイケル・トンプソン-17
25Tオースティン・スマザーマン-17
25Tデビット・リプスキー-17
25Tホアキン・ニーマン-17

まとめ

韓国のイ・キョンフン選手が見事、大会2連覇を成し遂げました。

地元テキサス出身のジョーダン・スピース選手も追い上げを見せ、ファンを楽しましてくれました。

日本の松山英樹選手は最終日、「62」のラウンドでスコアーを10こ伸ばし順位を3位まで上げました。

流石、マスターズチャンピオンです。

今週から始まる全米プロゴルフ選手権に大きく弾みをつけました。

今週はメジャー大会となる「全米プロゴルフ選手権」が始まります。

残念ながら、全米プロゴルフ選手権昨年度優勝者のフィル・ミケルソン選手が大会辞退を表明しています。

日本からは松山英樹選手、稲森佑貴選手、星野陸也選手、木下稜介選手、香妻陣一朗選手、金谷拓実選手の6名の選手が出場します。

日本人選手の活躍に期待したいと思います。

最新情報をチェックしよう!