「ゴルフを語る」サイトをご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながれば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:米国、テキサス州にあるコロニアルカントリークラブで「チャールズ・シュワブチャレンジー」が開幕しました。   3日目の結果はトータル11アンダーでスコッティー・シェフラー選手が首位!

PGAツアー:2022年ファーマーズインシュランスオープン開幕ー3日目と最終結果

ファーマーズインシュランスオープンー3日目と最終結果

開催期間2022年1月26日(水)~29日(土)
開催地米国、カルフォルニア州サンディエゴ
開催コーストーリーパインズゴルフコース(North:全長7,258ヤード、パー72)(South:全長7,765ヤード、パー72)

3日目の結果

3日目首位に立ったのは、トータル14アンダーのウィル・ザラトレス選手、ジェイソン・デイ選手が首位タイ、3位タイは首位と1打差で今大会優勝候補筆頭世界ランク1位のジョン・ラーム選手、アーロン・レイ選手の2名、5位タイは首位と2打差で韓国のイム・ソンジェ選手、キャメロン・トリンガーリ選手、ジャスティン・トーマス選手の3名が続いています。

日本の松山英樹選手はスコアーを1つ落としトータル4アンダーで57位タイと順位を下げています。

3日目、ウィル・ザラトレス選手はスコアーを7つ伸ばし、ジェイソン・デイ選手はスコアーを5つ伸ばし首位タイまで順位を上げています。

逆に2日目首位タイになったジョン・ラーム選手はスコアーを1つも上げる事ができませんでした。

同じく2日目首位タイとなったジャスティン・トーマス選手はスコアーを1つ下げてしまいました。

難しい南コースで3日目ハイスコアーを叩き出したのはキャメロン・ヤング選手でスコアーを8つ伸ばし8位タイと順位を大きく上げています。

明日、最終日どのような展開になり、誰が優勝するのか非常に楽しみです。

個人的にはジェイソン・デイ選手にがんばってもらいたいと期待しています。

日本の松山英樹選手の「ソニーオープン」に続き2大会連続優勝の望みは少なくなってしまいましたが、松山選手の爆発に期待しベスト10入りまでスコアーを上げて欲しいと思います。

順 位選手名スコアー
1Tウィル・ザラトレス-14
1Tジェイソン・デイ-14
3Tアーロン・レイ-13
3Tジョン・ラーム-13
5Tイム・ソンジェ-12
5Tキャメロン・トリンガーリ-12
5Tジャスティン・トーマス-12
8Tマーベリック・マクニーリー-11
8Tビリー・ホーシェル-11
8Tライアン・パーマー-11
8Tキム・シウ-11
8Tキャメロン・ヤング-11
13Tセップ・ストレイカ-10
13Tテイラー・ペンリス-10
13Tダスティン・ジョンソン-10
13Tビル・ハース-10
13Tピーター・マルナティ-10
13Tアダム・シェンク-10
19Tダニエル・バーガー-9
19Tマーク・リーシュマン-9
19Tパット・ペレス-9
19Tジャスティン・ローズ-9
19Tマイケル・トンプソン-9
19Tテイラー・モンゴメリー-9
27Tスコッティー・シェフラー-8
27Tルーク・リスト-8
27Tマシュー・ネスミス-8
27Tジミー・ウォーカー-8
27Tミト・ペレイラ-8
27Tロバート・ストレブ-8
27Tホアキン・ニーマン-8
27Tサヒス・ティーガラ-8

最終結果

ルーク・リスト選手が最終18番ホール(パー5)でバーディーを奪い、トータル15アンダーでウィル・ザラトレス選手と並び、プレイオフとなりました。

プレイオフ1ホール目(18番ホール:パー5)でルーク・リスト選手が見事バーディーを決め優勝を果たしました。

単独2位はウィル・ザラトレス選手、3位タイはトータル14アンダーで今大会優勝候補筆頭世界ランク1位のジョン・ラーム選手、キャメロン・トリンガーリ選手、ジェイソン・デイ選手の3名でした。

日本の松山英樹選手はトータル8アンダーの30位タイの成績でした。

ベスト10入りはできませんでしたが、すばらしいプレイを見せてくれました。

次回のプレイが楽しみです。

順 位選手名スコアー
1ルーク・リスト-15
2ウィル・ザラトレス-15
3Tジョン・ラーム-14
3Tキャメロン・トリンガーリ-14
3Tジェイソン・デイ-14
6Tホアキン・ニーマン-13
6Tジャスティン・ローズ-13
6Tパット・ペレス-13
6Tイム・ソンジェ-13
6Tアーロン・レイ-13
11Tオースティン・スマザーマン-12
11Tマイケル・トンプソン-12
11Tテイラー・モンゴメリー-12
11Tキム・シウ-12
11Tビリー・ホーシェル-12
16Tマーク・リーシュマン-11
16Tセップ・ストレイカ-11
16Tテイラー・ペンリス-11
16Tライアン・パーマー-11
20Tテイラー・グーチ-10
20Tスコッティー・シェフラー-10
20Tダニエル・バーガー-10
20Tキャメロン・ヤング-10
20Tジャスティン・トーマス-10
25Tドグ・レッドマン-9
25Tサヒス・ティーガラ-9
25Tミト・ペレイラ-9
25Tピーター・マルナティ-9
25Tダスティン・ジョンソン-9
30Tニック・テイラー-8
30T松山英樹-8
30Tラント・グリフィン-8
30Tマーベリック・マクニーリー-8

まとめ

マーク・リスト選手が最終18番ホールでバーディーを奪い、トータル15アンダーのウィル・ザラトレス選手に追いつき、2選手によるプレイオフに突入、見事1ホール目にバーディーを取り優勝を飾りました。

2日目首位タイとなった、世界ランク1位のジョン・ラーム選手、世界ランク6位のジャスティン・トーマス選手等による熱戦を予想していましたが、決勝ラウンドに入り、2選手のスコアーが伸びませんでした。

日本の松山英樹選手も決勝ラウンドに入って3日目はスコアーを1つ落としてしまいましたが、最終日はスコアーを4つ伸ばし30位タイまで順位を上げてくれました。

次回の松山英樹選手の活躍に期待したいと思います。

来週は、米国、カリフォルニア州ペブルビーチで「AT&Tペブルビーチプロアマ」が開幕します。

日本からは小平智選手が出場予定となっています。

小平選手の活躍に期待したいと思います。

最新情報をチェックしよう!