「ゴルフを語る」サイトをご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながればば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:ザ・RSMクラシックが米国、ジョージア州で開幕しました。    最終日の結果はトータル22アンダーでテイラー・グーチ選手が見事優勝!    

PGAツアー:2021年ヒューレット・パッカードエンタープライズヒューストンオープンー初日と2日目の結果

ヒューストンオープンー初日と2日目の結果

開催期間2021年11月11日(木)~14日(日)
開催地米国、テキサス州
開催コースメモリアルパークゴルフコース、全長7,412ヤード、パー70

ヒューレット・パッカードエンタープライズヒューストンオープンが米国、テキサス州にあるメモリアルパークゴルフコースで開幕しました。

昨年度の優勝者はメキシコのカルロス・オーティス選手でした。

カルロス・オーティス選手はPGAツアー初勝利を挙げ、2年間のPGAツアーシード権とマスターズ出場権を手に入れました。

昨年度の大会で2位になった日本の松山英樹選手は残念ながら出場していません。

今大会優勝候補筆頭はサム・バーンズ選手、パワーランキング2位はスコッティー・シェフラー選手、3位がマシュー・ウルフ選手となっています。

昨年度優勝したカルロス・オーティス選手はパワーランキングで12位となっています。

熱戦を期待したいと思います。

初日の結果

初日首位に立ったのは、トータル5アンダーのラッセル・ヘンリー選手、テイラー・グーチ選手マーク・リーシュマン選手、ルーク・リスト選手、マーティン・トレーナー選手の5名の選手、6位タイがジェイソン・ダフナー選手、ウィンダム・クラーク選手、アダム・ロング選手の3名の選手が続いています。

順 位選手名スコアー
1Tラッセル・ヘンリー-5
1Tテイラー・グーチ-5
1Tマーク・リーシュマン-5
1Tルーク・リスト-5
1Tマーティン・トレーナー-5
6Tジェイソン・ダフナー-4
6Tウィンダム・クラーク-4
6Tアダム・ロング-4
9Tキース・ミッチェル-3
9Tベン・シルバーマン-3
9Tクレイマー・ヒコック-3
9Tハンク・リビオダ-3
9Tジョナサン・ベガス-3
9Tジェイソン・デイ-3
9Tブライアン・ハーマン-3
9Tケビン・ツウェイ-3
9Tアンドリュー・パットナム-3
18Tケリー・クラフト-2
18Tアレックス・スモーリー-2
18Tニック・テイラー・-2
18Tアダム・スコット-2
18Tグレアム・マグドウエル-2
18Tマシュー・ウルフ-2
18Tラント・グリフィン-2
18Tジェイソン・コクラック-2
18Tロバート・ストレブ-2
18Tデービス・ライリー-2
18Tグレイソン・シッグ-2
18Tマックス・マクグリービー-2
18Tイム・ソンジェ-2
18Tマシュー・ネスミス-2
18Tタイラー・マッカンバー-2
18Tスティーブン・ジェイガー-2
18Tトム・ホージ-2
18TM.J.ダフュー-2

2日目の結果

2日目首位に立ったのは、トータル10アンダーのマーティン・トレーナー選手、単独2位は首位と1打差でケビン・ツウェイ選手、単独3位は首位と2打差でジェイソン・コクラック選手、単独4位が首位と3打差でアダム・ロング選手が続いています。

予選通過ラインがトータル1オーバーとなり、シェーン・ローリー選手、イアン・ポルター選手、ブルックス・ケプカ選手、セバスチャン・ムニョス選手、フランチェスコ・モリナリ選手、ブラント・スネデカー選手等が予選を通過することができませんでした。

順 位選手名スコアー
1マーティン・トレーナー-10
2ケビン・ツウェイ-9
3ジェイソン・コクラック-8
4アダム・ロング-7
5Tクレイマー・ヒコック-6
5Tアダム・シェンク-6
5Tスコッティー・シェフラー-6
8Tウィンダム・クラーク-5
8Tマックス・マクグリービー-5
8Tマシュー・ネスミス-5
8Tケリー・クラフト-5
8Tキース・ミッチェル-5
8Tラント・グリフィン-5
14Tルーク・リスト-4
14Tジョナサン・ベガス-4
14Tマーク・リーシュマン-4
14Tマシュー・ウルフ-4
18Tサム・バーンズ-3
18Tアンドリュー・パットナム-3
20Tイム・ソンジェ-2
20Tトム・ホージ-2
20TJ.J.スポーン-2
20Tラッセル・ヘンリー-2
20Tテイラー・グーチ-2
20Tジョエル・ダーメン-2
20Tパトリック・リード-2
20Tロバート・ストレブ-2
20Tグレイソン・シッグ-2
20Tデービス・ライリー-2

まとめ

2日目の予選が終了し、予選カットラインがトータル1オーバーとなりブルックス・ケプカ選手等、シェーン・ローリー選手、リー・ウェストウッド選手、ブラント・スネデカー選手、セバスチャン・ムニョス選手等が予選を通過することができませんでした。

首位はトータル10アンダーのマーティン・トレーナー選手ですが、1打差で順位が大きく変わる状況で、明日からの決勝ラウンドで各選手の順位が大きく変わってくる気配です。

決勝ラウンドの熱戦が楽しみです。

 

最新情報をチェックしよう!