「ゴルフを語る」をご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながれば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:米国、オハイオ州ダブリンにあるミュアフィールドビレッジゴルフクラブで「ザ・メモリアルトーナメント」が開幕しました。     初日の結果は通算5アンダーでデイビス・ライリー選手が単独首位!        日本の松山英樹選手と比嘉一貴選手は共に通算イーブンパーの33位タイとなっています!

PGAツアー:2023年全米プロゴルフ選手権ー3日目と最終結果

全米プロゴルフ選手権ー3日目と最終結果

開催期間2023年6月18日(木)~21日(日)
開催地米国、ニューヨーク州
開催コースオークヒルカントリークラブ、全長7,394ヤード、パー70

3日目の結果

3日目首位に立ったのは、通算6アンダーのブルックス・ケプカ選手、2位タイは首位と1打差でビクター・ホブランド選手とコーリー・コナーズ選手の2名、単独4位は首位と3打差でブライソン・ディシャンボー選手、5位タイは首位と4打差でジャスティン・ローズ選手とスコッティー・シェフラー選手の2名が続いています。

日本の松山英樹選手は通算3オーバーで20位タイ、星野陸也選手は通算10オーバーで67位タイ、比嘉一貴選手は通算12オーバーで74位タイとなっています。

世界ランク1位のジョン・ラーム選手は通算6オーバーで42位タイ、メジャー大会2連覇を狙う昨年の覇者ジャスティン・トーマス選手は通算10オーバーの67位タイと大会2連覇は難しい状況となっています。

明日最終日、首位のブルックス・ケプカ選手が逃げ切り優勝を果たすのか、後続のビクター・ホブランド選手、コーリー・コナーズ選手、ブライソン・ディシャンボー選手、ジャスティン・ローズ選手、スコッティー・シェフラー選手、ローリー・マキロイ選手等が追い上げて優勝争いとなるのか非常に楽しみです。

日本の選手がどこまで順位を上げてくるのか注目です。

順 位選手名スコアー
1ブルックス・ケプカ-6
2Tビクター・ホブランド-5
2Tコーリー・コナーズ-5
4ブライソン・ディシャンボー-3
5Tジャスティン・ローズ-2
5Tスコッティー・シェフラー-2
7ローリー・マキロイ-1
8Tマイケル・ブロック0
8Tジャスティン・サー0
10Tトミー・フリートウッド+1
10Tステファン・ジェイガー+1
10Tビクター・ペレス+1
10Tエリック・コール+1
10Tシェーン・ラウリー+1
10Tミンウー・リー+1
16Tパトリック・リード+2
16Tカート・キタヤマ+2
16Tライアン・フォックス+2
16Tカム・デイビス+2
20T松山英樹+3
20Tサヒス・ティーガラ+3
20Tパトリック・キャントレー+3
20Tアダム・セブンソン+3
20Tセップ・ストラカ+3
20Tキース・ミッチェル+3
20Tテイラー・ペンリス+3
27Tティレル・ハットン+4
27Tクリス・カーク+4
27Tキャメロン・スミス+4
27Tヘイデン・バックリー+4
27Tキーガン・ブラットリー+4
27Tマット・ネスミス+4

最終結果

最終日、ブルックス・ケプカ選手が通算9アンダーで逃げ切り、第105回となるメジャー大会「全米プロゴルフ選手権」優勝を飾りました。

2位タイは首位と2打差でスコッティー・シェフラー選手とビクター・ホブランド選手の2名、4位タイはカム・デイビス選手、カート・キタヤマ選手、ブライソン・ディシャンボー選手の3名となっています。

日本の松山英樹選手は最終日スコアーを伸ばすことができず、通算5オーバーで29位タイ、星野陸也選手は通算11オーバーで62位タイ、比嘉一貴選手は通算20オーバーで76位となっています。

順 位選手名スコアー
1ブルックス・ケプカ-9
2Tスコッティー・シェフラー-7
2Tビクター・ホブランド-7
4Tカム・デイビス-3
4Tカート・キタヤマ-3
4Tブライソン・ディシャンボー-3
7Tセップ・ストラカ-2
7Tローリー・マキロイ-2
9Tキャメロン・スミス-1
9Tパトリック・キャントレー-1
9Tジャスティン・ローズ-1
12Tシェーン・ラウリー0
12Tビクター・ペレス0
12Tコーリー・コナーズ0
15Tティレル・ハットン+1
15Tエリック・コール+1
15Tマイケル・ブロック+1
18Tミト・ペレイラ+2
18Tザンダー・シャウフェレ+2
18Tミンウー・リー+2
18Tパトリック・リード+2
18Tトミー・フリートウッド+2
23Tアレックス・スモーリー+3
23Tマット・ネスミス+3
23Tライアン・フォックス+3
26Tコリン・モリナリ+4
26Tヘイデン・バックリー+4
26Tジャスティン・サー+4
29Tカルム・タレン+5
29Tパトリック・ロジャーズ+5
29Tイ・キョンフン+5
29Tデニー・マッカーシー+5
29Tアダム・スコット+5
29Tジョーダン・スピース+5
29Tハロルド・バーナーⅢ+5
29Tキーガン・ブラットリー+5
29Tクリス・カーク+5
29Tテイラー・ペンリス+5
29T松山英樹+5

まとめ

2023年メジャー第2戦となる第105回全米プロゴルフ選手権はメジャー大会に強いブルックス・ケプカ選手が見事な逃げ切り優勝を飾りました。

LIVゴルフに移籍してからは、ケプカ選手のプレイをテレビで見る機会が少なくなりましたが、相変わらずメジャー大会に強い選手です。

世界ランク1位のジョン・ラーム選手は通算7オーバーの50位タイ、大会2連覇を狙ったジャスティン・トーマス選手は通算12オーバーで65位タイと優勝争いに絡むことが出来ませんでした。

日本の松山英樹選手、比嘉一貴選手、星野陸也選手は全員見事に予選を突破して、悪天候の中がんばってくれました。

大変お疲れさまでした。

 

最新情報をチェックしよう!