「ゴルフを語る」をご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながれば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:米国、ジョージア州にあるシーサイドゴルフクラブで2022年最後のPGAツアー大会である「ザ・RSMクラシック」が開幕しました。      最終日は通算19アンダーでアダム・セブンソン選手が見事な逆転優勝を飾りました! 

PGAツアー:2022年RBC カナディアン・オープン開幕ー初日と2日目の結果

RBCカナディアン・オープン開幕ー初日と2日目の結果

開催期間2022年6月9日(木)~12日(日)
開催地カナダ、トロント
開催コースセントジョージズゴルフ&カントリークラブ、全長7,014ヤード、パー70

2020年と2021年は新型コロナの感染拡大の影響で中止となっていた大会で、2019年の優勝者はローリー・マキロイ選手でした。

来週から始まる「全米オープンゴルフ選手権」の前哨戦となる大会で、日本からは小平智選手が出場しています。

小平選手の活躍に期待したいと思います。

初日の結果

初日首位に立ったのは、通算7アンダーのウィンダム・クラーク選手、単独2位は首位と1打差でマット・フィッツパトリック選手、3位タイは首位と2打差でハロルド・バーナーⅢ選手、ドク・ギム選手の2名、5位タイは首位と3打差でマッケンジー・ヒューズ選手、ローリー・マキロイ選手、リー・ホッジス選手、トニー・フィナウ選手の4名が続いています。

今大会優勝候補筆頭の世界ランク1位のスコッティー・シェフラー選手は通算1アンダーでジャスティン・トーマス選手、ハンク・リビオダ選手等と並んで25位タイにつけています。

日本の小平智選手は通算3オーバーの106位タイと出遅れています。

順 位選手名スコアー
1ウィンダム・クラーク-7
2マット・フィッツパトリック-6
3Tハロルド・バーナーⅢ-5
3Tドク・ギム-5
5Tマッケンジー・ヒューズ-4
5Tローリー・マキロイ-4
5Tトニー・フィナウ-4
5Tリー・ホッジス-4
9Tシェーン・ラウリー-3
9Tカルロス・オーティス-3
9Tジム・クノウス-3
9Tマーク・ハバード-3
9Tアレックス・スモーリー-3
9Tサム・バーンズ-3
9Tキース・ミッチェル-3
9Tパトリック・ロジャーズ-3
9Tヨナス・ブリクスト-3
18Tボーン・テイラー-2
18Tブラント・スネデカー-2
18Tチャーリー・ホフマン-2
18Tルーク・ドナルド-2
18Tダニー・リー-2
18Tニック・ハーディー-2
18Tクレイマー・ヒコック-2
25Tハンク・リビオダ-1
25Tアダム・ハドウィン-1
25Tジャスティン・トーマス-1
25Tノ・スンヨル-1
25Tロバート・ストレブ-1
25TJ.J.ヘンリー-1
25Tクリス・カーク-1
25Tジェイソン・ボーン-1
25Tアーロン・ライ-1
25Tジョン・ハー-1
25Tケリー・クラフト-1
25Tブレンドン・ドット-1
25Tスコッティー・シェフラー-1
25Tジャスティン・ローズ-1
25Tセバスチャン・ムニョス-1
25Tライアン・ムーア-1
25Tビル・ハース-1
25Tジョナサン・バード-1
25Tチェイス・サイファート-1

2日目の結果

2日目首位に立ったのは、初日に続き通算7アンダーのウィンダム・クラーク選手、2位タイは首位と1打差でアレックス・スモーリー選手、マット・フィッツパトリック選手、キース・ミッチェル選手、ローリー・マキロイ選手、ジム・クノウス選手の5名が続いています。

日本の小平智選手は、残念ながら腰痛の為、途中棄権となっています。

今大会優勝候補筆頭の世界ランク1位のスコッティー・シェフラー選手は首位と3打差、通算4アンダーの8位タイにつけています。

予選カットラインが通算1オーバーとなり、デビット・リプスキー選手、キャメロン・チャンプ選手、タイリル・ハットン選手、ロリー・サバティーニ選手等が予選を通過することが出来ませんでした。

順 位選手名スコアー
1ウィンダム・クラーク-7
2Tアレックス・スモーリー-6
2Tキース・ミッチェル-6
2Tローリー・マキロイ-6
2Tマット・フィッツパトリック-6
2Tジム・クノウス-6
7オースティン・クック-5
8Tマット・ウォレス-4
8Tサム・バーンズ-4
8Tスコッティー・シェフラー-4
8Tパトリック・ロジャーズ-4
8Tリー・ホッジス-4
8Tチャーリー・ホフマン-4
8Tシェーン・ラウリー-4
8Tドグ・ギム-4
16Tハロルド・バーナーⅢ-3
16Tアダム・ロング-3
16Tトニー・フィナウ-3
16Tダニー・リー-3
16Tベン・マーティン-3
21Tケリー・クラフト-2
21Tジョン・ハー-2
21Tブレンドン・ドット-2
21Tライアン・ムーア-2
21Tライアン・アーマー-2
21Tアーロン・コッカリル-2
21Tボーン・テイラー-2
21Tジャスティン・トーマス-2
21Tブラント・スネデカー-2
21Tニック・テイラー-2
21Tクリス・カーク-2
21Tジャスティン・ローワー-2

まとめ

2日目が終了し、予選カットラインが通算1オーバーとなり、56位タイまでの選手が明日からの決勝ラウンドに進んでいます。

残念ながら日本の小平智選手は途中棄権となっています。

ウィンダム・クラーク選手が2日間連続で首位となっていますが、ローリー・マキロイ選手、マット・フィッツパトリック選手が1打差で追っています。

今大会優勝候補筆頭の世界ランク1位のスコッティー・シェフラー選手も首位と3打差、通算4アンダーでサム・バーンズ選手、シェーン・ラウリー選手等と並んで8位タイと好位置につけています。

明日からの決勝ラウンド、誰が抜け出すか注目です。

最新情報をチェックしよう!