「ゴルフを語る」サイトをご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながればば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:2021-2022年度シリーズ初戦となる「フォーティネットチャンピオンシップ」が米国、カリフォルニア州で開幕しました。  最終日の結果はトータル19アンダーでマックス・ホーマ選手が優勝!        日本の松山英樹選手はトータル13アンダーで6位タイとベスト10入りを果たしています!

PGAツアー:ロケットモーゲージクラシック開幕2日目の結果

PGAツアー:ロケットモーゲージクラシック2日目の結果

開催期間2020年7月2日(木) ~ 5日(日)
開催地米国、ミシガン州
開催コースデトロイトゴルフクラブ、
優勝賞金131.4万ドル

ロケットモーゲージクラシックが6月2日(木)から開幕しました。

PGAツアーがデトロイトで開催されるのは史上初で、この大会、昨年の優勝者はライト・ラシェリー選手でした。

今大会の初日はトータル7アンダーで1位タイにケビン・キスナー、ドク・レッドマン、スコット・スターリングスが首位となり、トータル6アンダー4位タイで現在好調のブライソン・デシャンボー選手や、トータル5アンダー11位タイにリッキー・ファウラー選手等が続いていました。

松山英樹選手がこの大会に出場しており、初日は1アンダー87位で終了しています。

新型コロナウイルスの感染拡大で中断していたPGAツアーが再開されてから驚かされたのは、ブライソン・デシャンボーの体格が一段と大きく見えた事とドライバーの飛距離が半端なく飛んでいることでした。

体重が9kg増えたということで、TVで観戦していても一段と大きく見えます。

ドライバーの飛距離が半端なく伸びており、この大会でもドライバーの平均飛距離は358.3ヤードを記録しています。

圧巻は、初日、14番ホールパー5の571ヤードで放ったドライバーの飛距離が376ヤードで、残り195ヤードを9番アイアンでグリーンに乗せ、10mのイーグルパットを沈めたシーンでした。

プロ選手とはいえ、飛距離はまさにモンスター級です。

恐るべしブライソン・ディシャンボー選手です。

2日目の予選通過ラインが5アンダーで、松山選手は、2日目、6バーディー、2ボギーの68でラウンドし、トータル5アンダーの55位タイでギリギリ予選を通過することができました。

2日目が終了して、1位タイが12アンダーでウェブ・シンプソン、クリス・カーク、3位タイはトータル11アンダーで新人のマシュー・ウルフ、現在好調をキープしているブライソン・ディシャンボーを含めた6名、9位タイはトータル10アンダーで初日首位となったケビン・キスナー、セップ・ストラカ、11位タイにはティレル・ハットンを含めた9名が続いています。

順 位選手名スコアー
1Tウェブ・シンプソン-12
1Tクリス・カーク-12
3Tライアン・アーマー-11
3Tマシュー・ウルフ
-11
3Tマーク・ハバード-11
3Tシェイマス・パワー-11
3Tリッチー・ワレンスキー-11
3Tブライソン・デシャンボー-11
9Tセップ・ストラカ-10
9Tケビン・キスナー-10
11Tティレル・ハットン-9
11Tトロイ・メリット-9
11Tブライアン・スチュアード-9
11Tキャメロン・トリンガル-9
11T
ブランドン・ハジー
-9
11Tハドソン・スワフォード-9
11TJ.J.スパーン-9
11T
マット・ウォレス
-9
11T
ドク・レッドマン
-9

まとめ

PGAツアー再開から絶好調のブライソン・デシャンボー選手のプレイが楽しみになりました。

特に、モンスター級のドライバーの飛距離です。

予選通過位ラインギリギリとはいえ、松山英樹選手が予選を通過したことで、決勝ラウンドのTV観戦が楽しみになりました。

明日3日目に、63くらいでラウンドしてもらえると最終日が非常に楽しみになるので、是非、頑張ってもらいたいと思います。

 

最新情報をチェックしよう!