「ゴルフを語る」サイトをご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながればば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:2021-2022年度シリーズ初戦となる「フォーティネットチャンピオンシップ」が米国、カリフォルニア州で開幕しました。  最終日の結果はトータル19アンダーでマックス・ホーマ選手が優勝!        日本の松山英樹選手はトータル13アンダーで6位タイとベスト10入りを果たしています!

PGAツアー:シュライナーズホスピタルforチルドレンオープンー3日目と最終結果ー

シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン3日目と最終結果

開催期間2020年10月8日(木)~11日(日)
開催地米国、ネバダ州
開催コースTPCサマーリン、全長7,255ヤード、パー71
優勝賞金126万ドル

3日目の結果

3日目、首位に立ったのはトータル20アンダーのパトリック・キャントレー選手とマーティン・レアード選手、3位タイにはこの日61でラウンドしスコアーを10伸ばしたマシュー・ウルフ選手を含めた4名の選手、7位タイには、この日64でラウンドしスコアーを7つ伸ばした前年の覇者ケビン・ナ選手を含めた2名の選手、9位タイにはエイブラハム・アンサー選手を含めた5名の選手が続いています。

3日目は高スコアーを叩き出した選手が多く、ハイスコアーの戦いとなっています。

2週連続優勝を狙うセルヒオ・ガルシア選手はトータル14アンダーで首位と6打差の19位タイに後退してしまいましたが、まだまだ優勝の可能性を残しています。

前年の覇者ケビン・ナ選手も首位と3打差まで追い上げてきているので、2連覇の可能性を残しています。

最終日もバーディー合戦が繰り広げられる面白い展開になりそうです。

順 位選手名スコアー
1T
マーティン・レアード
-20
1Tパトリック・キャントレー-20
3Tマシュー・ウルフ-18
3Tウィンダム・クラーク-18
3Tブライアン・ハーマン-18
3Tオースティン・クック-18
7Tウィル・ザラトリス-17
7Tケビン・ナ-17
9Tアダム・ハドウィン-16
9Tキム・シウ-16
9Tエイブラハム・アンサー-16
9Tハロルド・ヴァーナーIII-16
9Tジェームス・ハーン-16
14T
ブラント・スネデカー
-15
14Tマシュー・ネスミス-15
14Tジョセフ・ブラムレット-15
14Tマイケル・グリジッチ-15
14Tキャメロン・トリンガル-15

最終結果

最終日は3選手によるプレイオフとなり、プレイオフ2ホール目でバーディーを取ったマーティン・レアード選手が優勝しました。

2位タイはプレイオフで敗れたオースティン・クック選手と3日目猛追を見せたマシュー・ウルフ選手、4位にエイブラハム・アンサー選手が入っています。

今大会優勝候補筆頭のブライソン・ディシャンボー選手はトータル18アンダーで8位タイでした。

2週連続優勝を狙ったセルヒオ・ガルシア選手はトータル12アンダーで43位タイ、大会2連覇を狙ったケビン・ナ選手もトータル12アンダーで43位タイの成績でした。

順 位選手名スコアー
1マーティン・レアード-23
2Tオースティン・クック-23
2T
マシュー・ウルフ
 -23
4エイブラハム・アンサー-20
5Tピーター・マルナティ-19
5Tジェームス・ハーン-19
5Tウィル・ザラトリス-19
8T
ブライソン・デシャンボー
 -18
8Tジャスティン・スー-18
8Tマシュー・ネスミス-18
8Tキム・シウ-18
8Tパトリック・キャントレー-18
13Tホアキン・ニーマン-17
13Tウェブ・シンプソン-17
13Tイム・ソンジェ-17
13Tハロルド・ヴァーナーIII-17
13Tブライアン・ハーマン-17
13Tウィンダム・クラーク-17

まとめ

マーティン・レアード選手が7年ぶりに優勝を挙げ、PGAツアー通算4勝目としました。見事なハイスコアーでの優勝でした。

今週は「ザ・C.Jカップ」がネバダ州のシャドウクリークゴルフコースで開催されます。

ザ・C.Jカップは2017年から韓国で開催されていましたが、今回はコロナ禍の影響で米国、ネバダ州のシャドウクリークゴルフコースで開催されることになりました。

出場選手はフェデックス獲得ポイント上位60名に加え、韓国ツアー、アジアンツアーの上位選手を含め78名のみの招待大会となっています。

 

最新情報をチェックしよう!