「ゴルフを語る」サイトをご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながればば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:2年に1度開催される米国選抜と欧州選抜による「ライダーカップ」が米国、ウィスコンシン州で開幕しました。  最終日は12選手による個人戦が行われ、最終結果はトータ19ポイントを獲得した米国選抜チームが勝利しました!

PGAツアー:ザ・アメリカンエクスプレス開幕ー初日と2日目の結果ー

ザ・アメリカンエクスプレス開幕ー初日と2日目の結果

開催期間20201年1月21日(木)~24日(日)
開催地米国、カリフォルニア州
開催コースPGAウエストスタジアムコース、全長7,147ヤード、パー72
優勝賞金120.6万ドル

ザ・アメリカンエクスプレスが米国、カリフォルニア州で開幕しました。

開催コースはPGAウエストスタジアムコース(全長7,147ヤード、パー2)とニクラウストーナメントコース(全長7,181ヤード、パー72)が予選ラウンドで使用され決勝ラウンドはウエストスタジアムコースで行われます。

昨年度の優勝者はアンドリュー・ランドリー選手でした。

日本人では小平智選手が出場しています。

小平選手は先週のソニー・オープンで予選を通過し、ショットの調子も良さそうに見えます。

今週も予選を通過し、優勝を狙える位置でがんばってもらいたいと願っています。

今大会のパワーランキング(優勝候補)ではパトリック・リード選手が優勝候補筆頭に挙がっています。

先週のソニー・オープンで優勝したケビン・ナ選手も出場しているので、2週連続の優勝なるか楽しみです。

初日の結果

初日首位に立ったのは、トータル8アンダーのブランドン・へイギー選手、2位は首位と1打差でアン・ビョンホン選手、3位タイは首位と2打差でキム・シウ選手、マーチン・レヤード選手、マックス・ホーマー選手の3名、6位タイは首位と3打差で、チャール・シュワーシェル選手、アレックス・ノーレン選手、テイラー・ダンカン選手を含めた9名の選手が続いています。

小平智選手はトータル3アンダーの39位タイにつけています。

小平選手はこの日4バーディー、1ボギーの「69」のラウンドでした。

先週のソニー・オープンから調子が良さそうなので予選は通過できると思います。

明日、スコアーを伸ばし順位を大きく上げて欲しいと願っています。

優勝候補筆頭のパトリック・リード選手はトータル4アンダーで15位タイとなっています。

順 位選手名スコアー
1ブランドン・へイギー-8
2アン・ビョンホン-7
3Tキム・シウ-6
3Tマーチン・レヤード-6
3Tマックス・ホーマー-6
6Tチャール・シュワーシェル-5
6Tサム・ライダー-5
6Tマイケル・トンプソン-5
6Tテイラー・ダンカン-5
6Tダグ・ギム-5
6Tマーベリック・マクニーリー-5
6Tアレックス・ノーレン-5
6Tアンドリュー・パットナム-5
6Tベン・マーチン-5
15Tブライアン・ハーマン-4
15Tアーロン・バデリー-4
15Tジェームス・ハーン-4
15Tジョシュ・ティーター-4
15Tジェイミー・ラブマーク-4
15Tアダム・ロング-4
15Tオースティン・クック-4
15Tアニルバン・ラヒリ-4
15Tケビン・ストリールマン-4
15Tイ・キョンフン-4
15Tアダム・シェンク-4
15Tクリストファー・ベンチュラ-4
15Tクリス・カーク-4
15Tロリー・サバティーニ-4
15Tデビット・ハーン-4
15Tジョン・ハー-4
15Tキャメロン・デービス-4
15Tマーク・ハバード-4
15Tパトリック・リード-4
15Tイム・ソンジェ-4
15Tニック・テイラー-4
15Tブレンダン・スチール-4
15Tトニー・フィナウ-4
15Tキャメロン・トリンガル-4

2日目の結果

2日目首位に立ったのはトータル11アンダーで韓国のイム・ソンジェ選手、2位タイは首位と1打差でニック・テイラー選手、トニー・フィナウ選手、エイブラハム・アンサー選手、キム・シウ選手、ブランドン・へイギー選手の5名、7位タイは首位と2打差でエミリアーノ・グリーロ選手、フランチェスコ・モリナリ選手、ダグ・ギム選手の3名が続いています。

小平智選手はトータル1アンダーで予選カットラインの4アンダーに及ばず、残念ながら予選を通過することができませんでした。

優勝候補筆頭のパトリック・リード選手、ブルックス・ケプカ選手、先週優勝したケビン・ナ選手も予選を通過することができませんでした。

順 位選手名スコアー
1イム・ソンジェ-11
2Tニック・テイラー-10
2Tトニー・フィナウ-10
2Tエイブラハム・アンサー-10
2Tキム・シウ-10
2Tブランドン・へイギー-10
7Tエミリアーノ・グリーロ-9
7Tフランチェスコ・モリナリ-9
7Tタグ・ギム-9
10Tジョン・ハー-8
10Tブレンダン・スチール-8
10Tマックス・ホーマー-8
10Tアンドリュー・パットナム-8
10Tチャーリー・ホフマン-8
10Tロジャー・スローン-8
10Tブライアン・ハーマン-8
10Tアダム・シェンク-8

まとめ

予選カットラインがトータル4アンダーとなり、残念ながら小平智選手はトータル1アンダーで予選を通過することができませんでした。

2週連続優勝を狙ったケビン・ナ選手、優勝候補筆頭のパトリック・リード選手、20201年初戦となったブルックス・ケプカ選手も予選を通過することができませんでした。

韓国のイム・ソンジェ選手とキム・シウ選手は首位と2位タイにつけ優勝に向け好位置の順位となっています。

決勝ラウンドの接戦を期待したいと思います。

最新情報をチェックしよう!