「ゴルフを語る」サイトをご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながればば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:2年に1度開催される米国選抜と欧州選抜による「ライダーカップ」が米国、ウィスコンシン州で開幕しました。  最終日は12選手による個人戦が行われ、最終結果はトータ19ポイントを獲得した米国選抜チームが勝利しました!

PGAツアー:2021年度ザ・メモリアルトーナメント開幕ー初日と2日目の結果ー

ザ・メモリアルトーナメント開幕ー初日と2日目の結果ー

開催期間2021年6月3日(木)~6日(日)
開催地米国、オハイオ州
開催コースミュアフィールドビレッジゴルフクラブ、全長7,543ヤード、パー72

「ザ・メモリアルトーナメント」が米国、オハイオ州のミュアフィールドビレッジゴルフクラブで開幕しました。

この大会は2014年に松山英樹選手がPGAツアー初優勝を飾った大会です。

昨年度の優勝者は世界ランク3位のジョン・ラーム選手でした。

今大会のパワーランキング1位(優秀候補筆頭)はブライソン・ディシャンボー選手、2位が最近ゴルフの調子が良いジョーダン・スピース選手、3位がジョン・ラーム選手、4位がローリー・マキロイ選手、5位がコリン・モリカワ選手となっています。

松山英樹選手はパワーランキングで7位となっています。

日本からは松山英樹選手と金谷拓実選手が出場しています。

2人の活躍に期待したいと思います。

初日の結果

初日首位に立ったのはトータル6アンダーのコリン・モリカワ選手、2位タイが首位と1打差でアダム・ロング選手、スコッティー・シェフラー選手、クリス・カーク選手の3名、5位タイが首位と2打差で、ボー・ホーグ選手、ニック・テイラー選手、ザンダー・シャウフェレ選手、ラファ・カブレラ・ベロ選手、ブランデン・グレイス選手、ジョエル・ダーメン選手の6名が続いいています。

優勝候補筆頭のブライソン・ディシャンボー選手はトータル1アンダーの31位タイ、世界ランク2位のジャスティン・トーマス選手は昨年度優勝者のジョン・ラーム選手と並んでトータル3アンダーの11位タイとなっています。

日本の松山英樹選手はトータル1オーバーで54位タイ、金谷拓実選手はトータル4オーバーで91位となっています。

明日の予選には松山選手と金谷選手共に通過して欲しいと願っています。

順 位選手名スコアー
1コリン・モリカワ-6
2Tアダム・ロング-5
2Tスコット・スターリングス-5
2Tクリス・カーク-5
5Tボー・ホーグ-4
5Tニック・テイラー-4
5Tザンダー・シャウフェレ-4
5Tラファ・カブレラ・ベロ-4
5Tブランデン・グレイス-4
5Tジョエル・ダーメン-4
11Tクリスティアン・ベゾイデンハウト-3
11Tブレンダン・スチール-3
11Tマックス・ホーマー-3
11Tジャスティン・トーマス-3
11Tシェーン・ローリー-3
11Tジョン・ラーム-3
11Tリッキー・ファウラー-3
11Tボーン・テイラー-3
11Tマーク・リーシュマン-3
11TJ.T.ポストン-3
11Tパトリック・キャントレー-3
11Tサヒス・ティーガラ-3

2日目の結果

2日目は初日の悪天候順延の影響でスタート時間が大幅に遅れ、10組以上を残して日没サスペンデッドの状態となってしまいました。

暫定首位はトータル8アンダーのパトリック・キャントレー選手と2連覇を狙うジョン・ラーム選手の2名、単独3位が首位と2打差でスコッティー・シェフラー選手、4位タイが首位と3打差でカルロス・オーティス選手、マックス・ホーマー選手、ザンダー・シャウフェレ選手、リッキー・ファウラー選手の4名、8位タイがブランデン・グレイス選手、ルーカス・ハーバート選手、トニー・フィナウ選手、ジム・ハーマン選手、松山英樹選手、コリン・モリカワ選手、ラファ・カブレラ・ベロ選手の7名が続いています。

日本の松山英樹選手は14ホールを終了して、1イーグル、4バーディー、1ボギーのトータル4アンダーで4ホールを残して暫定8位まで順位を上げています。

2日目の予選カットラインが現時点でトータル2オーバーとなり、日本の金谷拓実選手は残念ながら予選を通過することができない状況となっています。

順 位選手名スコアー
1Tパトリック・キャントレー-8
1Tジョン・ラーム-8
3スコッティー・シェフラー-6
4Tカルロス・オーティス-5
4Tマックス・ホーマー-5
4Tザンダー・シャウフェレ-5
4Tリッキー・ファウラー-5
8Tブランデン・グレイス-4
8Tルーカス・ハーバート-4
8Tトニー・フィナウ-4
8Tジム・ハーマン-4
8T松山英樹-4
8Tコリン・モリカワ-4
8Tラファ・カブレラ・ベロ-4
15Tボーン・テイラー-3
15Tザン・シンジュン-3
15Tカイル・スタンレー-3
15Tジョエル・ダーメン-3
15Tクリス・カーク-3
15Tボー・ホーグ-3

まとめ

2日目は日没サスペンデッドとなり、暫定予選カットラインがトータル2オーバーで日本の金谷拓実選手、韓国のイム・ソンジェ選手、キャメロン・スミス選手、ビリー・ホーシェル選手、キーガン・ブラットリー選手、ホアキン・ニーマン選手等が予選を通過することができない状況となっています。

金谷選手はトータル5オーバーで予選を通過することができない状況となっているため、非常に残念です。

この大会2連覇を狙うジョン・ラーム選手は5ホールを残し、パトリック・キャントレー選手と並んで暫定1位タイとなり、好位置をキープしています。

世界ランクが100以上となってしまった、リッキー・ファウラー選手は7ホールを残し、暫定4位タイまで順位を上げています。

リッキー・ファウラー選手には是非、優勝争いに絡んで欲しいと願っています。

松山英樹選手は4ホールを残しトータル4アンダーの暫定8位タイまで順位を上げ、明日からの決勝ラウンドが非常に楽しみとなってきました。

 

最新情報をチェックしよう!