「ゴルフを語る」サイトをご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながればば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:2021-2022年度シリーズ初戦となる「フォーティネットチャンピオンシップ」が米国、カリフォルニア州で開幕しました。  最終日の結果はトータル19アンダーでマックス・ホーマ選手が優勝!        日本の松山英樹選手はトータル13アンダーで6位タイとベスト10入りを果たしています!

PGAツアー:ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ開幕ー初日と2日目の結果ー

ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ開幕-初日と2日目の結果

開催期間2021年3月11日(木)~14日(日)
開催地米国、フロリダ州
開催コースTPCソーグラス、全長ヤード7,189、パー72
優勝賞金ーー万ドル

米国のフロリダ州にあるTPCソーグラスで「ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ」が開幕しました。

昨年度は新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受け2日目で中止となった大会です。

松山英樹選手は昨年度の大会で初日コースレコードの「63」でラウンドし、トータル9アンダーで首位となったのですが、残念ながら中止となってしまいました。

松山選手の再現をもう一度見たいものです。

2019年度の優勝者はローリー・マキロイ選手でした。

この大会は「第5のメジャー大会」ということもあり世界ランク1位のダスティン・ジョンソン選手、2位のジョン・ラーム選手、3位のジャスティン・トーマス選手、2週連続優勝を狙うブライソン・ディシャンボー選手、優勝候補筆頭のザンダー・シャウフェレ選手等が出場しています。

見どころ満載の大会です。

初日の結果

初日首位に立ったのは、トータル7アンダーのセルヒオ・ガルシア選手で単独2位が首位と2打差でブライアン・ハーマン選手、3位タイが首位と3打差でマシュー・フィッツパトリック選手、コーリー・コナーズ選手、シェーン・ローリー選手の3名、6位タイが首位と4打差でリー・ウェストウッド選手、ブライソン・ディシャンボー選手を含めた6名の選手が続いています。

松山英樹選手は「76」のラウンドでトータル4オーバーで今大会優勝候補筆頭のザンダー・シャウフェレ選手と並んで112位タイと出遅れています。

先週の「アーノルドパーマー・インビテーショナル」で優勝争いを演じたブライソン・ディシャンボー選手とリー・ウェストウッド選手は共にトータル3アンダーで6位タイと好位置の初日となっています。

ブライソン・ディシャンボー選手の2週連続優勝はあるのか楽しみです。

順 位選手名スコアー
1セルヒオ・ガルシア-7
2ブライアン・ハーマン-5
3Tマシュー・フィッツパトリック-4
3Tコーリー・コナーズ-4
3Tシェーン・ローリー-4
6Tリー・ウェストウッド-3
6Tトム・ホージ-3
6Tデニー・マッカーシー-3
6Tローリー・サバティーニ-3
6Tウィル・ザラトレス-3
6Tブライソン・ディシャンボー-3
12Tキーガン・ブラットリー-2
12Tニック・テイラー-2
12Tアダム・ロング-2
12Tクリスティアン・ベゾイデンハウト-2
12Tパトリック・リード-2
12Tジョーダン・スピース-2
12Tライアン・パーマー-2
12Tスティーブ・ストリッカー-2
12Tジェイソン・コクラック-2
12Tジェイソン・デイ-2
12Tパットン・ギジーア-2
12Tチャーリー・ホフマン-2
12Tスコット・ハリントン-2
12Tゲーリー・ウッドランド-2

2日目の結果

2日目首位に立ったのは、トータル9アンダーのリー・ウェストウッド選手、単独2位は首位と1打差でマシュー・フィッツパトリック選手、3位タイは首位と2打差でクリス・カーク選手とセルヒオ・ガルシア選手の2名、5位タイがブライソン・ディシャンボー選手、韓国のイム・ソンジェ選手を含めた6名の選手が続いています。

世界ランク1位のダスティン・ジョンソン選手はトータル1アンダーで36位タイ、世界ランク2位のジャスティン・トーマス選手はトータル2アンダーの22位タイとなっています。

松山英樹選手は予選カットラインのイーブンパーに1打及ばず残念ながら予選を通過することができませんでした。

優勝候補筆頭のザンダー・シャウフェレ選手をはじめ、ローリー・マキロイ選手、トニー・フィナウ選手、リーキー・ファウラー選手、ビクトル・ホブランド選手等も予選を通過することができませんでした。

順 位選手名スコアー
1リー・ウェストウッド-9
2マシュー・フィッツパトリック-8
3Tクリス・カーク-7
3Tセルヒオ・ガルシア-7
5Tデニー・マッカーサー-6
5Tブライアン・ハーマン-6
5Tブライソン・ディシャンボー-6
5Tチャーリー・ホフマン-6
5Tダグ・ギム-6
5Tイム・ソンジェ-6
11Tパットン・ギジーア-5
11Tテイラー・グーチ-5
11Tディラン・フリッテリ-5
14Tジョン・ラーム-4
14Tトム・ホージ-4
14Tポール・ケーシー-4
14Tコーリー・コナーズ-4
14Tスコット・ブラウン-4

まとめ

松山英樹選手が予選を通過することができず、非常に残念です。

2目終了時点で首位に立ったリー・ウェストウッド選手が先週から非常に調子が良さそうです。

今週も優勝争いに絡んできそうな気配です。

決勝ラウンドで世界ランク1位のダスティン・ジョンソン選手と世界ランク3位のジャスティン・トーマス選手がどこまで追い上げてくるか、又、先週優勝したブライソン・ディシャンボー選手がスコアーを大きく伸ばしてくるのか非常に楽しみです。

 

最新情報をチェックしよう!