「ゴルフを語る」サイトをご覧頂きありがとうございます!      「ゴルフを語る」サイト内スウィング作りの記事が少しでも皆様のゴルフ上達のヒントにつながればば幸いです!      ゴルフを思う存分楽しんで下さい!      Nice Shot!        PGAツアー:2021-2022年度シリーズ初戦となる「フォーティネットチャンピオンシップ」が米国、カリフォルニア州で開幕しました。  最終日の結果はトータル19アンダーでマックス・ホーマ選手が優勝!        日本の松山英樹選手はトータル13アンダーで6位タイとベスト10入りを果たしています!

ゴルフで90切りを達成するための考え方

90切りを達成するための考え方

ゴルフを始めた頃に目標とするスコアーは、まず100を切ることからスタートするのではないでしょうか。

100は意外と簡単に切れますが、90切りを達成するのにOBが頻発しているようでは、90を切ることがむずかしくなってしまいます。

90切りで失敗する多くの要因はドライバーのティーショットでのOBが多い、100ヤード以内のアプローチでグリーンをとらえる回数が少ない、グリーン上での3パット回数が多い事が挙げられます。

ドライバーによるティーショットが安定していない状態では、OBによる大叩きが原因で90切りはむずかしくなります。

やはり、90切りを達成するためには、ドライバーショットが安定しているということが必要条件の1つであることは言うまでもありません。

90切りを達成するために18ホールのオーバー数で考えてみると、17オーバー以内でラウンドすることが90切りの条件となります。

18ホール全てボギーで90となり、1ホールでもパーで回れば、90切り達成ということになります。

スコアーで見てみると、各ホールをボギーペースで回れば90切りが見えてきますが、山あり谷ありのラウンドで、そう簡単にボギーペースを守ってラウンドできるほどゴルフはあまくないと思います。

18ホール中のオーバー数によるシュミレーションを考えてみましょう。

仮にラウンド中に2つのOBを出したと仮定します。

単純に考えるとこの時点で4オーバーとなりますが、長いミドルホールでOBを打った場合、トリプルボギーの可能性の方が高いと思いますので、6オーバーと考えてみます。

90を切るためには、18ホールを17オーバー以内で回ればよいので、2ホール後、残り16ホールで許されるオーバー数は11オーバーとなります。

パー5とパー3のホール(計8ホール)を確実にパーで切り抜けるとすると、8ホール残して7オーバー以内であれば90切りが達成できる計算になります。

1ホールをパーで回り、残り7ホールをボギーで回れば90切り達成です。

上記のスコアー計算例では、ラウンド中に2発のOBを打ち、その2つのホールをトリプルボギーで回り、パー5とパー3のホールを確実にパーで回った時の90切りの可能性を示してみました。

あなた、こんな状況で90切りができるのかと考えますか、それとも、90切りは意外と簡単にできるかもしれないと考えますか。

OBがらみのトリプルボギーを2ホール打ったとしたも、諦めることなく1打1打に集中することで、90切りは見えてきます。

上記のスコアーシュミレーション例でいうと、OBがらみの2つのホールを4オーバーで回れば、3つOBが打てる計算になります。又、OBがらみの2つのホールを4オーバーで回れば、パー5とパー3ホールで確実にパーを取ると計算していた8つのホールで2つボギーが許される計算にもなります。

ラウンド中にOBを打たないことがベストですが、OBを打ったとしても90切りを達成するためには17オーバーも打てるのだという、ゆとりを持ってラウンドすることが大切です。

90切りを達成するための技術としては、ドライバーのティーショットを安定させる事、100ヤード以内のアプローチショットの精度を上げる事、そして、グリーン上で3パットしないためのパットの距離感をやしなう事です。

18ホール中オーバー数が17オーバー以内でラウンドすれば、90切りを達成することができます。
ラウンド中にOBを打たないことがベストですが、OBを打ったとしても90切りを達成するためには17オーバーも打てるのだという、ゆとりを持ってラウンドすることが大切です。
90切りを成功させる鍵
1.ドライバーショットを安定させる事
2.100ヤード以内のアプローチの精度を上げる事
3.グリーン上での3パットの回数を少なくする事
スコアーのシュミレーションでも見たように、OBがらみのトリプルボギーを2ホール打ったとしても、諦めることなく1打1打に集中すれば、90切りは見えてきます。
最新情報をチェックしよう!